1. TOP
  2. ABOUT

ABOUT

「活きた」AI・機械学習の
ノウハウ、詰めました

A3RTについて

A3RT(アート)は「ANALYTICS & ARTIFICIAL INTELLIGENCE API VIA RECRUIT TECHNOLOGIES」の略称です。
A3RTは機械学習のなかでもDeep Learningなどに代表される、いわば人工知能とよばれる分野のロジックをひとつのブランドで統一・整備をし、社内へ展開するためにプロジェクト化されたソリューションの総称です。

昨今、リクルートグループ内においても機械学習を活用した施策開発のニーズが高まっていました。
しかし社外製品の利用は「汎用性が高いがゆえに、細かな利用ニーズに合致しづらい」、フルスクラッチ開発の場合は「自由度が高い一方で、時間・コストがかかる」といった課題がありました。
この現状を打破し、機械学習ソリューション活用の敷居を下げ、スピーディかつ低コストで施策への導入ができるよう設立されたAPI 群がこのA3RTです。

当初はA3RTについても、リクルートグループ内に限って導入してきましたが、以下のような理由からこのたびグループ外への提供を決意しました。

「オープンイノベーション」の波に乗って

近年、産業界では「オープンイノベーション」の動きが活発化しています。

オープンイノベーションとは、ビジネス領域における技術的なノウハウを自社のみで占有するのではなく、異業種、異分野のアイデアやサービス、ノウハウ、データ、知識などを組み合わせ、より革新的なビジネスモデルやサービスの開発などにつなげようという試みです。
我々もその波に乗り、リクルートテクノロジーズとしては初めて、グループ内のみに提供していたA3RTの公開を決定しました。

A3RTを広く活用いただくことで世の中に革新的な製品・サービスが生まれ、結果としてよりよい世界を作る手助けができるのではないか。そして実際に導入された企業や団体から、より多くのフィードバックをいただくことで、A3RTを利用したリクルート内のサービスも、より良いものに進化させられるのではないか。
A3RTがこのようなポジティブな循環のエンジンになることを望んでいます。

ビッグデータ部が進めるR&D

リクルートテクノロジーズのビッグデータ部では、常に最新の技術、アルゴリズム、そしてソリューションを探し、情報を集め、実行し、検証しています。
我々は「技術・アルゴリズムは施策に活かしてこそ意味をなす」と考えており、常に「ビジネスの武器として使えるか」という観点から探求を続けています。

A3RTのAPIはこれからも新たなテクノロジーを取り込み、リクルートグループ各社の活用を踏まえ、さらに機能を拡大していきます。

リクルートグループ外の活用事例についても、ユーザーニーズの把握、ユーザメリット、ユーザビリティ、スケーラビリティ、パフォーマンスといった観点での検証を行い、その結果をAPIという形で本サイト上で公開していく予定です。

皆様と一緒に、このAIソリューション「A3RT」を進化させていければと考えています。